鯖江ICで降りて、越前漆器の里、越前和紙の里、織田一族発祥の神社、越前焼をめぐりながら越前海岸に向かいます。
越前漆器
うるしの里会館での絵付け体験
漆器工房 与十郎さんにて
 越前漆器の起源は古く6世紀にまで遡ると伝えられています。第26代継体天皇が幼少の頃の御冠の塗り替えを、河和田の郷の塗師に命じたところ塗師が、手塗の黒塗の食器を献上しました。その光沢の見事さに深く感銘され奨励されたのが越前漆器の始まりと伝えられています。

 挽物はトチノキ、ミヅメ、欅等を立木挽きします。塗りは花塗(塗立)が特徴です。堅牢な下地づくりに塗重ねた光沢と優雅なつくりには定評があります。主産地の名をとり、河和田塗としても知られています。。「うるしの里会館(越前漆器伝統産業会館)」は漆器の歴史や製造工程を紹介、展示即売場もあり、地元伝統工芸士による実際の作業工程も見学できます。蒔絵のパネルをはめ込んだ格天井和室は見事です。
 
 
越前和紙の里

千五百年の歴史 越前和紙
 越前和紙の歴史は古く、奈良時代には仏教に必要な写経用紙を漉いていました。公家や武士階級が紙を大量に使い出すと益々盛んになり、「越前奉書」「越前鳥の子」などは上質紙として高い評価を得ました。その後も幕府や領主の厚い保護を受け、全国でも有数の産地に発展しました。繊細優雅な肌合いを身上とし、その種類の豊富なことは他の追随を許しません。
 今まで以上に数多くの技術革新を行いながら、新しい時代が求める紙を開発し千五百年の伝統をかたくなに守り続けています。


 起源のいわれ
 継体天皇が男大迹王(おおとのおう)として、まだ、この越前に潜龍されておられたころ、 岡太川の川上の宮が谷というところに忽然として美しいお姫様が現れました。
「この村里は谷間であって、田畑が少なく、生計をたてるのにはむずかしいであろうが、清らかな谷水に恵まれているので、紙を漉けばよいであろう」と、自ら上衣を脱いで竿にかけ、紙漉きの技をねんごろに教えられたといいます。習いおえた里人は非常に喜び、お名前をお尋ねすると、
「 岡太川の川上に住むもの」と答えただけで、消えてしまいました。それから後は、 里人はこの女神を川上御前(かわかみごぜん)とあがめ奉り、 岡太神社を建ててお祀りし、その教えに背くことなく紙漉きの業を伝えて今日に至っています。 

 
卯立の工芸館
西山公園は、鯖江市のほぼ中央に位置し、市民の憩いの場です。江戸時代の鯖江藩主 間部詮勝 により、1856(安政3)年、領民の憩いの場として開かれた響陽渓。これが現在の西山公園で日本の歴史公園百選にも選定されています。有名なのはツツジの名所としての西山公園。園内に約43000株あり、毎年5月の上旬「つつじまつり」には大勢の人が訪れます。園内にある西山動物園には日中友好の印として北京動物園から贈られたレッサーパンダが飼育されており、そのあいらしさに人気があります。
 
 劔(つるぎ)神社は、1800年の歴史を有し、毎年多くの初詣客でにぎわう神社としても知られています。戦国武将織田信長の祖先は、当社の神官で、出身地の地名を取って「織田氏」を名乗ったとされます。本殿は県の指定文化財に、梵鐘は国宝に、また秋に奉納される太鼓「明神ばやし」は、県の無形民俗文化財にそれぞれ指定されています。 越前焼は日本六古窯の1つに数えられ、平安時代末期から焼かれ、現在約200基以上の古い窯が発見されています。これらの大がかりな古い窯で、かめ、壷、すり鉢、舟徳利、おはぐろ壷等、暮らしに使う器が焼かれていました。現在、多くの陶芸家が作品を創作しています。
越前焼の館では、越前焼を代表する窯元の作品を見て触れることができます。
おもてなしの器、日常お使いの食器、暮らしを彩る花器など、あなただけの器に出会って下さい。