越前焼は日本六代古窯の一つに数えられ、その歴史は古く、今から約八百年前平安末期から焼かれ現在二百基以上の古窯が発見されています。
これらの大規模な古窯で、かめ・壷・すり鉢・舟徳利・おはぐろ壷等日用雑器が焼かれており、当時の隆盛が偲ばれます。これらの名も知れない陶工の手による一品一品は、てらいのない造り、温かみのある土と灰釉の味わいを秘めた民芸的な美しさを持ち、その伝統は今日まで引き継がれ多くの人々に愛好されています。

昭和61年(1986)通商産業大臣(現・経済産業大臣)より伝統的工芸品の指定を受けました。

「越前陶芸村」
 憩いの広場として親しまれている公園を囲んで、越前焼の歴史と特徴を学べる陶芸館、大ホールを備えた文化交流会館、体験陶芸教室やお食事処、温泉や宿泊施設などが点在し、越前焼と越前の山里の魅力をまるごと感じていただけるスポットです。

福井県陶芸館
 越前焼きの歴史や特徴を見て作って学べる施設です。

お問い合せ:0778-32-2174
住所:越前町小曽原120-61
開館時間:9:00〜17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜日(休日を除く)・休日の翌日(土・日・休日を除く)・12/28〜1/4

越前陶芸村文化交流館
音楽会、講演会などさまざまな催しが行われています。
お問い合わせ:0778-32-3200
住所:越前町小曽原7-8
開館時間:9:00〜17:00
休館日:月曜日(休日を除く)・休日の翌日(土・日・休日を除く)・12/28〜1/4
入館料:100円(小・中・高生 及び70歳以上 無料)、団体(30名以上 80円)